携帯(ガラケー)でFAXを送受信できるインターネットFAX、どれが一番安い?

別名ガラケーと呼ばれている携帯電話で、FAXを送受信できるインターネットサービスがいくつかあります。
月額の使用料や送信料、受信料はどれが一番安いのでしょうか。それぞれ比較していくことにしましょう。

 

eFAX

まずeFaxですが、月額使用料は税別で1,500円となっています。
年払いにした場合は2ヵ月分の料金が無料となるため、年払いの方がお得でしょう。

 

また送受信の料金については、毎月150ページまでが無料となっており
150ページを越えた分については送受信共に1ページあたり10円が加算されます。
30日間のお試し期間がありますので、31日目から料金が発生することを覚えておきたいものです。

 

Message+

次にご紹介するのは、Message+です。こちらも月払いと年払いに分かれており、それぞれ料金が違います。
まず月払いにした場合は、ひと月あたり税別950円です。
一方年払いにした場合はひと月あたりの料金が税別792円と安くなり、
年間でいうと2ヶ月分が無料となる計算になります。

 

また月払いと年払い共に受信料は無料となっており、送信料のみかかってきます。
Message+の場合約1円1ポイント制なのですが、月払いの送信料が1枚あたり16円、
年払いの送信料が1枚あたり15ポイントです。
ただしMessage+を利用している相手に送信する場合は、送信料も無料となります。

 

モバイルFAX

最後にご紹介するのは、モバイルFAXです。月額使用料は税別300円となっており、
FAXを受信する際に別途料金がかかることはありません。
ただし、パケット料金がかかってくるため定額制のプランに加入しておく必要があるでしょう。

 

送信料に関しては事前にポイントの購入が必須となり、税別で500円、1,000円、2,000円の中から選択できます。
1円につき1ポイントです。ちなみに、1回の送信につき2枚までが上限で50ポイントが必要となります。

 

最初にお試しのポイントが100ポイントついてきますので、ポイントを購入する前に試すことが出来て便利です。

 

一番安いのは?

このように比較していくと、利用方法によって安いのか高いのかが変わってくることが分かります。
料金的に一番安いのはモバイルFAXですが、頻繁に使用するのであればMessage+が安いことになるでしょう。
ただし、利用送信枚数が月に150枚くらいと大量の場合は、メッセージプラスよりもeFAXの方が結果的に安くあがります。